忍者ブログ

Qさまの感想文

最近思ったこと、感じたこと、伝えたいことを伝える努力をするブログです。 ちなみに、勘違いされてる気がするのですが、「Qさま」で名前です。「さん」着けすると「Qさまさん」になります。 ※当ブログは、某番組の、「Qさま」とは一切関係有りません。 黄昏の吸血鬼⇒Q血鬼⇒(性格がちゃん様)⇒Qさま                    という経緯のあだ名です
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/10/19
18:18
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/09/09
19:04
BALLAD 名もなき恋のうた

を見てきました。

とりあえず感想

ネタばれ含むんで、見ようと思ってる人は自重した方がいいかもね

先にガッカリなとこから~

・脇差の意味が軽い

タイトルでも語られてる通り、『恋』がテーマということで、表現に規制のかかるカチンコのシーンはカットされてしまっているのが非常にがっかりでした。
それによって、最後、脇差を貰う意味がよくわからない。非常に軽いものとなってしまった。



・アニメ独特の表現ができないため勢いに欠ける

しかたのないことだけど・・ていうかアニメ独特の嘘が使えないのが非常に残念。
戦場を車が走るときの勢いや父親の奮闘シーンなどが表現しきれない。
アニメからの実写化でおそらく一番ネックになる部分だよね・・・



・何故最後のコメントをアレンジした・・・

何故最後のコメントをアレンジした・・・
涙が一瞬でぶっとんだじゃないかorz



よかったところ~

・全体的な雰囲気

セットが凄いよかった。
アニメをしっかり表現してた気がする。
草なぎも序盤はうーんと思ってたけど、後半行くにつれて険しいシーンや軽いノリのシーンなどの表情や気迫が伝わってきた。


・記念撮影

アニメにはないシーン。けどここが一番泣けた。
合戦1日目の夜に大勢で写真を撮るシーン。
このシーンによって次の日に奇襲をかけるシーンがよりよくなったと思う。



・EDと歌

EDのケータイ動画は反則・・ホロッとくる・・・
歌は見事にマッチングしてました。たぶん姫の心情を表現してるんだと思う。



大まかにこんな感じでした。
もっといっぱいいいとことかあれぇ~?って思ったとこあるけどそこは排除。

全体的には☆5中の3~4くらい。
カチンコが無いのはほんとに残念だった・・
合戦や昔の雰囲気というより、アニメをそのまま実写にしてみたよって感覚。
だからたぶん、ありえないこととか色々起こってるんだろうけど、あくまでも元はクレしんだからそこを叩くのは間違い。
むしろクレしんの実写化としては、キャラクターは違えどよくできてると思う。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら