忍者ブログ

Qさまの感想文

最近思ったこと、感じたこと、伝えたいことを伝える努力をするブログです。 ちなみに、勘違いされてる気がするのですが、「Qさま」で名前です。「さん」着けすると「Qさまさん」になります。 ※当ブログは、某番組の、「Qさま」とは一切関係有りません。 黄昏の吸血鬼⇒Q血鬼⇒(性格がちゃん様)⇒Qさま                    という経緯のあだ名です
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/10/19
18:16
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/04/03
23:16
いまさらかもしれないけど

仕事して日勤の日にアル助が11時くらいに寝る準備したがる理由がよくわかりました。
ボクも最近は11時半には布団に入らないと色々と差し支えそうです。
といっても午前勤は後二回なんで、それが終わったらまた夜更かししますけど。

今更かもしれないけど、児童館とか保育士とかって仕事の中ではけっこーハードなんじゃないだろぅかって思いました。肉体的にもそーですけど、色々わざと反抗したがる育ち盛りの子ども達相手にいかにうまく対応していくかって、しょーじき半日でヘトヘトになります。
こーいぅ仕事続けてられる人ってすげーwww

昨日は力尽きてブログ書けなかったんですが、今日はもぅ後寝るだけなんで書くことに
最近はなんかドッジボールが流行っていて、普段は30分くらいで皆飽きてしまうらしぃのですが、昨日、今日と一時間くらい続いているんですが、ドッジボール自体はそんなに苦労しないんです。その中で必ず揉め事が起こるのですが、そっちの対応とかに苦労した二日間でした。譲り合いの精神がないと色々とスムーズに進まないものですね・・・
なるべく子ども達だけで解決してもらっているのですが、そーなると必ずむっとする子とか出てきて、そーいぅ子とからに気を使いつつドッジボールを継続するのってかなーりしんどいですね・・・。
家に帰るとその反動か怒りっぽくなるのは仕様です。

悪いことをした子どもに注意する時、他の人になんで注意しているのかをキチンと説明できるなら注意した方がよいと思ったところは注意していってもいいですよと言われましたが、なるべく子ども達で事態の解決をしてもらうようにするといぅ基本がある上で、どの程度のことを任せて、どの程度のラインを超えたら注意をすればいいのかといぅあたりのことがまだまだ全然わかりません。
この辺は実習してるときからそーだったんですが、とくに集団で行っている物事の中で子ども達に任せていいこととボク達が注意しなければならないとこの線引きが難しいですね。

ボクが子ども達といる中で気をつけていることの一つに、狭い運動場の中での怪我をなるべくしないようにってのがあるんですけど、ドッジボールやってる中に無警戒に鬼ごっこやってる子ども達が入ってきたりすると怖いですよね・・・
正直毎日ハラハラしてます。
子ども達も少しはなじんできたのか、ボクに対して色々とイタズラするようになったのですが、その中の一つに嘘泣きがあるんですよ。外遊びしているときにいきなりうずくまって泣いてる子とか出るとホント焦ります。それが嘘泣きだったときはホントに腹が立ちます。けどその辺はシッカリ堪えますけどね・・・
こーいぅのがこれから増えてくるのかと思うとため息しか出てこなくなりますね。そー考えると、そーいぅのにも動じない(嘘泣きとかそーいぅのをきっちり見極められてる)職員の人はやっぱりすげーwww
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら