忍者ブログ

Qさまの感想文

最近思ったこと、感じたこと、伝えたいことを伝える努力をするブログです。 ちなみに、勘違いされてる気がするのですが、「Qさま」で名前です。「さん」着けすると「Qさまさん」になります。 ※当ブログは、某番組の、「Qさま」とは一切関係有りません。 黄昏の吸血鬼⇒Q血鬼⇒(性格がちゃん様)⇒Qさま                    という経緯のあだ名です
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/07/26
09:34
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/15
22:54
ゲーセン

ゲーセンいったので忘れないうちに記入。

今日はGGXXAC1回とアルカナ1回の計200円

GGXXAC  3勝0敗

・メイvsスレイヤー

私が乱入。
基本コンボはそれなりの成功率のスレイヤー。対空攻撃や、ガトリング、空中コンボなどは安定していたが、攻め方が完全にマニュアル、パターン化していたため、戦いやすい相手だった。
それでも安定したコンボのおかげで、一撃が怖い相手だった。
ステップに合わせての山田や、ヒラメによくひっかかってくれたため、わりと楽に倒せた。

・メイvsアンジ

相手側の乱入。
スレイヤー後、即の乱入だったので、連コの可能性が高く、本命、またはサブだと思われる。スラッシュのアンジに比べてコウが使いにくくなったため、攻めやすくなったが、それでもやはり前HSは脅威。
Jフェイントを駆使しての飛び込みや、下段からの崩しなどをメインに立ち回った。結果として、コウは一度も炸裂しなかった。しかし、HS風神のぶっぱにわりとひっかかるといった場面が目だった。
結果として、3-1で勝ったが、起き攻めや、コンボなどが不完全な面に救われた感があった。
JDのぶっぱ対策を検討する必要があることを感じた。

・メイvsソル

たぶん上の二人と別人だろぅ。
ソルのヴォルカぶっぱは超警戒の技なので、なるべくJBD(ジャンプバックダッシュ)を多くふるようにして、空振りを誘い、ここぞという所だけに飛び込みを留める。結果的に、一試合60秒以上の長期戦になる。
JBDがきいたのか、ソルのヴォルカぶっぱは比較的少なめに抑えられた、ただし、ダッシュKにわりとひっかかった。そこからの空中コンボなどは、定石のコンボだが、他キャラに比べて軽いメイに対してのクリティカルが出ず、体力をもっさり削られることがなく、時間をかけてじわじわと追い詰めることができた

メイvsボス聖ソル(CPU)

アーケード中に、イノ以外で一度もやられず、7試合以上覚醒必殺でとどめをさすと出る隠し(?)ボス。
全作のボス聖ソルの性能+ガードの強化+ACの変更点がまじっただけで、鬼とかす。
結果だけいうと0-2のストレート負け。
今作の聖ソルは、レベルゲージの減り方が全作と違い、レベル2・3の技を使ったらゲージが一気に減るのではなく、じょじょに減っていくため、その間に高レベルの技を連発できる使用。これにより、ドラゴンインストール後も、高レベルの技を連発するようになった。
更に、Sのリーチの強化や、ガードの固さ、HPの自動回復などにより、体力を削れない。
どーすればこの聖ソルに勝てるのか、勝った人を見てみたいものである。

アルカナ・ハート  3勝1敗

・フィオナ(ランダム・水)vsカムイ(時)

私が乱入。
時のカムイは現時点での最強キャラ、最強の組み合わせだが、JBS攻撃で敵の攻撃を潰しながら戦ったのがよかったのか、わりと楽に勝利する。
この対戦での感想は特に無し。ほんとに刻んで勝ったイメージが強い試合だった。水アルカナもよかったのかもしれない。

・フィオナ(ランダム・闇)vsサキ(雷)

同じ人かどうかは不明。
相殺後のA連打が安定していた。うっかりCを振って負けたのが多々あった試合。
コンボも、多少簡易ではあったが、占めは安定していた。ただし、パンストの低ダが若干不安定。
飛び込みに合わせてカレドAをぶっぱすると以外とひっかかりこれが決め手になった。
闇設置もかなり有効に活用できた満足の一戦。

・フィオナ(ランダム・火)vsメイ・ファン(火)

正直負けると思った一戦。勝負強さで勝ちを呼び込んだ感が大。対戦相手は連コなのでたぶん同じ人。
ぶっちゃけコンボが痛すぎる。

・フィオナ(ランダム・毒)vsメイ・ファン(火)

負け試合。ストレート負けだけは防いだが1-3。
自分の欠点を確認した一戦。3、4戦目にもなると、戦い方がパターン化してきて、動きを読まれるという欠点が浮き彫りになった。
JBからのコンボをボコボコくらい、体力でリードされたら逃げ。迂闊な飛び込みに空中ガード不可攻撃からのエリアル占めに見事にハマってしまう。
最初の2戦をポンポンととられて、3戦目で意地を見せるも、4戦目で痛恨のコンボミス、そこからのワンコンボで勝負有り。

200円で一時間粘った。上出来だと思う。アルカナは所沢は過疎りまくっているが、埼玉スレでその話題がのっていたので、練習しにくる人がちらほらきている感じがあるのかも。
今回のアルカナは、私の欠点が浮き彫りになった貴重な一戦。これを改善しないと、勝ち上がるのは難しいだろぅ。
もともと崩しのすくないフィオナ、そこをどう崩していくかは、私の腕の見せ所+これからの自己課題。
格ゲーは常に自分を見つめるものが強くなっていくということを感じた。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら